外部リンクをするときはそのサイトの質も重要

無闇に外部リンクを増やすとSEO対策としてマイナスになる

少し話がそれてしまいました。さて、企業であれば懸賞を実施し、懸賞に応募する条件としてリンクを張ってもらうといった斬新なキャンペーンを展開することも可能でしょう。ただし、自サイトのサイトテーマに合ったページからのリンクのみ受け付ける、というようにしておかないと、まったくサイトテーマと関係のないページからのリンクが集まり、逆にSEO対策にマイナスとなってしまいますので、その点のみ注意が必要です。

外部リンクは数が多ければよいというものではありません。例えばYSTでは、一定以上の割合で1つのドメインからリンクされた場合には、順位を落とすアルゴリズムが用意されています。Googleも外部リンク関係のスパムペナルティを常に強化しています。外部リンクは一度行ってしまうと修正するのが困難ですから、ペナルティを受けた場合元に戻せません。こういった理由から、登録先のサイトの質をよく見て、1つ1つ丁寧にリンク先を選んでいく必要性があるのです。

テキストリンクにこだわる人がいますが、テキストリンクばかりですとスパムフィルターにひっかかる場合があります。テキストリンク、バナーリンク、あまりこだわらずに色々な形式でリンクを張ってもらったほうが、テキストリンクー辺倒で張った場合よりも、順位が安定する傾向にあるようです。これは生物学の考え方なのですが「生態系は種が多様なほど安定する」と言われています。ネットワーク上のリンク関係にもこの考え方が当てはまるのです。外部リンクは大切な要素の1つではありますが、それだけにとらわれる必要はありません。
具体的なSEOの手法は、ターゲットにするキーワードの適切な選択や、ページ内でのキーワードの適切な使用、より多くのサイトにリンクしてもらう事等が上げられます。


その情報をディレクトリ登録に利用します。Yahoo!ではそのディレクトリに登録された「サイト名」「URL」「サイトの紹介文」だけが検索に引っ掛かります。ですからこの「サイト名」「URL」「サイトの紹介文」に、引っ掛けたいキーワードをすべて埋め込まなければなりません。

さらにYahoo!は、申請したサイト名、URL、サイトの紹介文のままにサイトを登録する保証をしていません。つまり気の利かない文章を書くと文章が修正されるのです。ですからその点にも気を配る必要があります。エディタに考えさせるような文章はダメです。考えるひまを与えない文章を、エディタの立場に立って考えてみてください。筆者の1人である田村が経営するスマートシステムのサイトの例を挙げます。

新着記事
2013/09/16 おすすめ記事を更新しました。
2013/09/12 新着記事を更新しました。
2013/09/11 検索の絶対的な分母を更新しました。
2013/09/08 キーワード選定方法を更新しました。
2013/09/06 YSTの検索精度を更新しました。
2013/09/04 登録されないページを更新しました。
2013/09/03 無闇に外部リンクを増やすとSEO対策としてマイナスになるを更新しました。
2013/08/31 ホームページをリニューアルしました。

ピックアップ
SEO対策 名古屋 オールワンSEO AirlinesSEO対策 株式会社ディーボ
オールワンは、被リンク対策ツールなどを使わずに、全て手作業で行うSEO対策サービスをご提供します。SEO AirlinesのSEO対策は、検索エンジンを分析し、抜本的な内部対策の最適化を実施・提案します。SEO業界初の検索アルゴリズム分析ツールの開発を始め、低価格SEOサービス「SEO Pack」などがあります。